株式会社原田武夫国際戦略情報研究所

2017年中期予測分析シナリオ『Commencement』の郵送版 「すぐそこの未来で、これから何が起きるのか」 IISIAのお届けする教材の中で

商品コード:sc_201701_3

2017年・中期予測分析シナリオ「Commencement」

販売価格:30,800円(税込)

数量:

お一人様:1個まで

【1月27日16:30をもちまして、一般販売へ改訂いたしました】

    「すぐそこの未来で、これから何が起きるのか」

≪「2017年度・中期予測分析シナリオ『Commencement』」≫

■中期予測分析シナリオは、原則として毎年2回(1月及び7月)
 発行しています。
 2017年年頭からの6ヶ月間、そしてその向こう側におけるマーケットと
 それを取り巻く国内外情勢の展開可能性について記したものです。

■中期予測分析シナリオは、IISIAのお届けする教材の中で、
 その中心に位置する最も基本的な教材です。
 そのため、全ての御客様へ、まず初めにこの予測分析シナリオを
 お読み頂くことを強くお勧めしています。

■予測分析シナリオにはこれまで起きてきた過去の出来事の中でも、
 今とこれからを考える際に思い出すべき「歴史法則」を記してあります。

■絶え間なく動く現実の中で、私たちがこれから出会う突然の出来事を前にしても、
 そこから後の情勢が一体どの方向へと向かっていくことになるのかが
 「歴史法則」を踏まえておくことでイメージできるようになるのです。

■予測分析シナリオは御客様が自分自身でアブダクションを行い、
 未来を的確につかみとっていくようになるための「教科書」なのです。

==============================

去る11月9日、米大統領選においてドナルド・トランプ氏の
勝利が確定してからというもの、これを「予想外の出来事」として、
多くの方々が驚き、悲嘆に暮れ、混乱に陥っているように見受けられます。

一方、弊研究所は、7月9日(土)に、2016年後半に向けた
「2016年夏・中期予測分析シナリオ『Caerus』」を発表した際、
その予測分析において、トランプ氏の勝利を断言しておりました。

まさに、『Caerus』をじっくりお読みくださっていた賢明な方々と、
弊研究所にとっては、ドナルド・トランプ氏の勝利は、
全く以て「想定内の出来事」でありました。

世間の混乱を尻目に、私たちは、惑うことなく、
“シナリオ”に沿って、粛々と日々を送ることができています。

今、私たちと同じように落ち着いてお過ごしの方は、
『Caerus』の中で、このように断言していたことを覚えておいででしょう。

(以下、引用)===============

米国勢では「トランプ大統領」が当選し、
グローカルでより軽量級を志向し始める

(中略)

米国勢にあってロンドン・シティ(City of London)勢の
利益を代弁する勢力はいよいよ弱体化する一方、
「カトリック系であるドイツ勢」という本質的な勢力が
台頭し始めたのである。

トランプ大統領候補(共和党)が人気を博してきた経緯は
正にここにあるのであって、今後、「本当の米国勢への復帰」を
様々な観点で“喧伝”するトランプ大統領候補が
2016年11月に実施される大統領選挙の結果、当選する

===============(引用、終わり)

私たちはこの結果を受けて、以前に行った予測・分析が
正しかったという事実を受け止め、弛まずに進んでいくのみです。

この1点の結果だけを取り上げて、勝ち誇るために
立ち止まるようなことはいたしません。

私たちが気に掛けているのは、常に、
“この先で何が起きようとしているのか”、
それをいかに多くの賢明な方々にお届けするか、です。

米大統領選の結果が判然とした今、
誰しもが気に掛けていらっしゃることもまた、
“この先で何が起きようとしているのか”、でしょう。

『Caerus』の内容も現在進行形であると同時に、
さて、2017年、世界情勢はどのように変化していくのか。

聡明な方であればあるほど、ご関心は既に、
2017年の動きに向かっていることでしょう。

「2017年度・中期予測分析シナリオ」で、2017年前半を見通します。

是非、お申し込みください。

※一般発売の1月28日以降、郵送にてお届けいたします。

※ご注文後のお客様都合でのキャンセル・ご返金は致しかねます。
 予めご了承ください。

**************************************************
【禁止事項】
※弊社製品の再譲渡・転売を禁止しております。ご注文をいただいた時点で、注文商品の再譲渡禁止・転売禁止の特約に合意したものとみなされます。
再譲渡・転売が発覚した場合は、弊社から損害賠償請求をする場合がありますことを予めご理解いただき、再譲渡・転売を行わないようご注意ください。

【免責事項】
※この調査分析レポートは、特定の金融商品の売買を推奨するものではありません。
金融商品の売買は購読者ご自身の責任に基づいて慎重に行ってください。
弊研究所は購読者が行った金融商品の売買についていかなる責任も負うものではありません。
***************************************************