20180612beicho-2018061200159
 
 
2018年06月12日 #

米朝共同宣言(シンガポール)に対する弊研究所の見解

《米朝共同宣言(2018年6月12日・シンガポール)に対する弊研究所によるとりあえずの分析》

―「非核化」について言及するも、ほぼゼロ回答の文章である。「検証可能な」「不可逆的な」といった文言が全く含まれていない。これでは過去数十年間にわたって繰り返し出してきた共同文書の域を越えない。全く新味がない(何故にこの文書でトランプ米大統領が納得したのか、その真意が問われるべき)
―ワーディングでさらに気になるのは、「安全の保証」について従来のsecurity assuranceではなく、security guaranteeという単語が用いられている点。単語上の違い以上に米側が意味を込めているか否かがカギである。
―韓国勢らが喧伝していた「朝鮮戦争の完全終結」は全く文言自体としては謳われていない。「朝鮮半島において持続的な平和秩序を創り出すこと」は謳われているが、これは朝鮮戦争を停戦から終戦へと条約を取り結んでいくこととイコールではない(そうであればそう書くべきである)。なぜこの様な不明解な文章にしたのかが非常に気になるところである
―朝鮮戦争に際して戦没した米兵の遺骨収集について謳われているが、これは北朝鮮側に対して対価を支払って行う事業である(これまでの経緯を見る限りにおいて)。人権人道の問題といっても日本人拉致問題などは一切言及されておらず、北朝鮮勢の「政治犯」の大量収容の問題なども触れられていない。なぜこれ程度で済ませたのかも非常に気になるところである
―最後に気になるのが、米朝間では米側が国務長官レヴェルで対応する協議を早急に始めるとしつつ、北朝鮮側が誰を持って対応するのか一切書いていないことである。また同協議の期日も記載されておらず、さらには首脳会談(次回)の見通しも書いていない。「これっきりにする」可能性がある宣言である

以上総じて述べるならば米国勢はなぜか「完全に降りた(妥協した)」形での共同声明になってしまっている。表面的に見る限り、北朝鮮勢の「完勝」である。何故にこれほどまでに北朝鮮勢の側に有利な共同宣言で済ませたのか、そのことについて思いを馳せる時、考えられるのは「それ以外の事項で、米朝間で極秘に合意した事項がある」ということだけなのである。その意味で弊研究所がこれまで随所で披瀝してきた分析(=今次米朝首脳会談で本当の中心議題は北朝鮮勢が展開してきた不法な経済活動(illicit activities)、とりわけ資金洗浄のほう助である)は引き続き有効なものであると考える。

以上

2018年6月12日 東京・丸の内にて 原田武夫記

(米朝共同宣言(英文)全文)

Joint Statement of President Donald J. Trump of the United States of America and Chairman Kim Jon Un of the State Affairs Commission of the Democratic People’s Republic of Korea at the Singapore Summit

President Donald J. Trump of the United States of America and Chairman Kim Jong Un of the State Affairs Commission of the Democratic People’s Republic of Korea (DPRK) held a first, historic summit in Singapore on June 12, 2018.

President Trump and Chairman Kim Jong Un conducted a comprehensive, in-depth and sincere exchange of opinions on the issues related to the establishment of a new US-DPRK relations and the building of a lasting and robust peace regime on the Korean Peninsula. President Trump committed to provide security guarantees to the DPRK, and Chairman Kim Jong Un reaffirmed his firm and unwavering commitment to complete denuclarization of the Korean peninsula.

Convinced that the establishment of new US-DPRK relations will contribute to the peace and prosperity of the Korean Peninsula and of the world, and recognizing that mutual confidence building can promote the denuclarization of the Korean Peninsula, President Trump and Chairman Kim Jong Un state the following:

1. The United States and the DPRK commit to establish new US-DPRK relations in accordance with the desire of peoples of the two countries for peace and prosperity.

2. The Unite States and the DPRK will join the efforts to build a lasting and stable peace regime on the Korean Peninsula.

3. Reaffirming the April 27, 2018 Panumunjom Declaration, the DPRK commits to work toward complete denuclearization of the Korean Peninsula.

4. The United States and the DPRK commit to recovering POW/MIA remains, including the immediate repatriation of those already identified.

Having acknowledged that the US-DRPK summit – the first in history – was a epochal event of great significance in overcoming decades of tensions and hostilities between the two countries and for the opening up of a new future, President Trump and Chairman Kim Jong Un commit to implement the stipulations in this joint agreement fully and expeditiously. The United States and the DPRK commit to hold follow-on negotiations, led by the US Secretary of State, Mike Pompeo, and a relevant high-level DPRK official, at the earliest possible date, to implement the outcomes of the US-DPRK summit.

President Donald J. Trump of the United States of America and Chairman Kim Jong Un of the State Affairs Commission of the Democratic People’s Republic of Korea have committed to cooperate for the development of new US-DPRK relations and for the promotion of peace, prosperity, and the security of the Korean Peninsula and of the world.

 

  • 無料会員登録をするとお得な特典があります マイページログイン IISIA公式メールマガジン
  • あなたへのおすすめはこちら