財務省も『日本デフォルト』を語り始めた?『世界丸ごとBird’s-Eye』ver.111 – IISIA 株式会社原田武夫国際戦略情報研究所 – haradatakeo.com
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 財務省も『日本デフォルト』を語り始めた?『世界丸ごとBird’s-Eye』ver.111

財務省も『日本デフォルト』を語り始めた?『世界丸ごとBird’s-Eye』ver.111

( ※チャンネル登録をどうぞ

皆様に大変好評いただいております動画コラム『世界丸ごとBird’s-Eye』。

その第111回目を元キャリア外交官でもある弊研究所代表・原田武夫と竹田有里(弊研究所客員研究員・フリーアナウンサー)が熱く語り合います。

今回のテーマは
「財務省も『日本デフォルト』を語り始めた?」
と題してお送りいたします。

今回の内容は、
■衝撃!矢野康治事務次官『文藝春秋』に寄稿
 「このままでは国家財政は破綻する」
■これで問題は解決するのか?矢野事務次官の考えている事とは?
■「日本は対外債権をどれだけ持っているか」が論点
■戦艦大和と同じ状況が今、繰り広げられている? など…

今後の日本はどうなるのでしょうか?
ここだけでしか聞けないお話も盛りだくさんです。
ぜひ最後までご覧ください!

なお、弊研究所による様々な活動や調査分析レポート、Pax Japonicaに興味を持った方は
会員制サーヴィスにご入会ください!
(→コチラからどうぞ
そして、拡散を。ありがとうございます!
(以上)

関連記事