2019年04月01日

新元号「令和」に「神権政治」が復活!?なぜ天皇陛下が御退位するのか?

(↓↓↓次の時代を見通すレポートはこちらから!↓↓↓)

https://bit.ly/2I1RYo1

(↑↑↑URLをクリック↑↑↑)

 

2019年4月1日。菅官房長官が新元号として「令和(れいわ)」を

発表致しました。

中国古典ではなく我が国の古典である万葉集とからの引用であることなど、

異例づくめの元号改正でした。

 

それ以上に印象的だったのが、リアルタイム配信のコメントに

「これは『命令』の『令』で、安倍政権による独裁化か?」

といった過激な発言が飛び出る始末だったということです。

 

国民の信頼がないのにもかかわらず存続する「議会制民主主義」が

存続し得るのか?疑問はありませんか??

 

 

そもそもこの元号改正の大元は、天皇陛下による「生前御退位」

という異例中の異例に端を発するものでした。

 

なぜそのような“御意思”をお見せになったのか?

 

他方で、

 

「借金大国・日本」

「暴風雨」

「少子高齢化の加速」

 

こうした人智を超えた“自然”(じねん)に対し、官僚主義やポピュリズムでは

対処し得なくなってきています。それらの根本にある「議会制民主主義」もまた、

岐路に立たされていると言っていいのではないでしょうか。

 

ではどうなるのか?次の時代はどうなるのか??

 

代表・原田武夫が渾身を込めて、次の時代について書きあげた調査分析レポートを

大変お得な【特別限定価格】で発売致します!

 

https://bit.ly/2I1RYo1

(↑↑↑URLをクリック↑↑↑)

  • 無料会員登録をするとお得な特典があります マイページログイン IISIA公式メールマガジン