S&Pが中国を格下げ!チャイナ・リスクとは一体何か?

中国が我が国を抜き世界第2位のGDPに至ったのが、2010年でした。
あの衝撃からもう7年…。中国は変わらず世界第2位を誇るものの、雲行きは怪しくなっています。

米系格付機関S&Pが中国の格付を「AA-」から「A+」へと一段階下げました。
S&Pはその理由について、債務が増大していることだと言っています。
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170922/mcb1709220500010-n1.htm

いわゆる「リーマン・ショック」後、実は中国に対する行動を密やかに開始した勢力がいるのです。
彼らは一体誰で、何をし、どのような目的を持っているのか?
中国の凋落が始まる前に、その基礎を学びましょう。

↓↓↓ お申込はこちら! ↓↓↓
IISIAマンスリー・レポート2012年04月号 第2章 そして全てが上海に収斂する日
↑↑↑ お申込はこちら! ↑↑↑

# # #
# # #