ドナルド・トランプ氏の第45代米大統領当選に寄せて。 – IISIA 株式会社原田武夫国際戦略情報研究所 – haradatakeo.com
  1. HOME
  2. ブログ
  3. ドナルド・トランプ氏の第45代米大統領当選に寄せて。

ドナルド・トランプ氏の第45代米大統領当選に寄せて。

9日(日本時間)午後、ドナルド・トランプが新・米大統領に決定!

私たちIISIAは去る1日より「IISIAマンスリー・レポート」を発売開始。

その中で既に「トランプ新政権」の発足を前提に分析を御提示しています。

あらかじめ「トランプ勝利」をお伝えしていたというわけです。

 

「トランプ勝利後の世界」を考える

  ~“怒れる中間層”と“日本デフォルト”に潜むロンドン・シティの罠~

 

“2016年11月8日(米東部時間 日本時間9日)”をもって世界は変わったのです。

それでは一体、これから何が変わり、何が動くのか?

そのことを知っているか、知らないか。

その結果、どうなるのか。

「トランプ米政権」は世界をどう変えてしまうのか?

迫り来る「日本デフォルト」をロンドン・シティはどう考えているのか?

「ヒラリーでなければ世界を救えない」

そうした全くの“憶測”や”希望的観測“を繰り返していた大手メディアたち。

あれは一体何だったのか??

ここだけでしか知ることが出来ない情報が満載です。

もちろん、発売早々、話題沸騰。

「絶対に出遅れたくない!」という皆様。

今すぐ、こちらからどうぞ!! 

==================

第1章

トランプとヒラリー

~「2016年11月8日」後の世界で何が起きるのか?~

―米金融界による2016年米大統領選評価 ~“越境する投資主体”の本音を探る~

―ロンドン・シティ勢から見たトランプ候補 ~「当選可能性あり」と述べる訳~

―おわりに ~「『2016年11月8日』後の世界」を求めて

第2章

中間層は本当に「被害者」なのか?

~グローバリゼーションの負のインパクトを巡る虚妄を暴く~

―そもそも「象曲線」とは何なのか? ~“怒れる中間層”テーゼの原点~

―「象曲線」を巡る疑惑 ~「データのトリック」なのか?~

―おわりに ~“怒れる中間層”という虚妄?~

第3章

日本デフォルトの研究

~ロンドン・シティの「奸計」、そして我が国が採るべき本当の選択肢を知る~

―海の向こう側から見た「日本デフォルト問題」 ~何が問題とされているのか~

―“日本デフォルト”を巡る三つの展開可能性 ~ロンドン・シティが抱くイメージ~

―おわりに ~IOUを強く勧めるロンドン・シティの思惑は何か?~

==================

(以上)

関連記事