グローバル・シンクタンク・サミット2019に代表・原田武夫がパネリストとして登壇 – IISIA 株式会社原田武夫国際戦略情報研究所 – haradatakeo.com
  1. HOME
  2. ブログ
  3. グローバル・シンクタンク・サミット2019に代表・原田武夫がパネリストとして登壇

グローバル・シンクタンク・サミット2019に代表・原田武夫がパネリストとして登壇

弊研究所代表・原田武夫が、2019年12月11日~13日にブラジルのリオ・デ・ジャネイロにて開催されるグローバル・シンクタンク・サミット(ゲテューリオ・バーガス財団(FGV)と米国ペンシルヴァニア大学が共催)に、パネリストとして参加致します。先月(11月)にタイ・バンコクで開催されたアジア・シンクタンク・サミットに続く登壇となります。

グローバル・シンクタンク・サミット2019は、世界中のシンクタンク代表や研究者が一堂に集まる、世界最大規模の交流の場です。今年のテーマは「グローバルな混乱と移行期を管理する:シンクタンクの役割」。北米、欧州、南米、アジア太平洋地域を中心に200名超のシンクタンクの代表が集結し、議論を交わします。

代表・原田武夫が登壇するパネルのテーマは、今世界中で最も注目が集まっている「気候変動」です。リオデジャネイロに集結する一流シンクタンクの首脳たちを前に、弊研究所の分析ラインに基づく未来シナリオを英語で議論致します。

グローバル・シンクタンク・サミットについてのプレスリリースはこちらよりご覧ください⇒https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000000451.html

関連記事