調査分析レポート

 
 

IISIAが調査分析の対象としているのはグローバル・マクロ(国際的な資金循環)とそれを取り巻く国内外情勢が織り成す文脈(narrative)です。
その連続が「世界史(world history)」なのであり、これを感じ取る能力が情報リテラシー(information literacy)です。

情報リテラシーは

(1)誰にでも入手することが出来るインターネット上の公開情報を分析すること
(open source intelligence=OSINT)

そして(2)そのようにして個別の情報 から導かれた意味(intelligence)を
未来に向かう時間軸に照射し、シナリオを創っていくこと(scenario planning)


の2つの要素から成り立っているとIISIAは考えています。

IISIAの調査分析レポートはこの意味での情報リテラシーをご自身で学び、投資・経営そして教養のために役立てたいと考えている個人のお客様を主に念頭に置きつつ、刊行しています。
IISIAは定量分析定性分析の二つを掛け合わせて最終的な「未来イメージ」を描き出している点で 定評があります。
数値データだけ、あるいは公開情報から見て取ることが出来るトレンドだけのいずれかでは的確にそのイメージをつかみとることは出来ません。

シナリオ・プランニング(scenario planning)を巡るグローバル水準では必須の「適応性無意識(adaptive unconscious)」「シンクロニシティ(synchronicity)」といったツールまで総動員して行うIISIAの分析は世界有数のグローバル・コンサルティング・ファームからも注目を集めています。

予測分析シナリオ

 
 

原則として毎年2回(1月及び7月)に発行するもので、そこから6か月間、そしてその向こう側におけるマーケットとそれを取り巻く国内情勢の展開可能性について記したものです。

全てのIISIA教材の基本であり、会員制サービス「原田武夫ゲマインシャフト」の会員の皆様を含め、全てのお客様にまずはお読み頂くことを強くお勧めしています。

予測分析シナリオにおいては「これから動く可能性が高いポイント」に番号がふられています。
これらを「パラメーター」と呼んでおり、IISIAデイリー・レポートにおける分析記事には全て関連するパラメーターの番号が明示されています。まずは予測分析シナリオで大きな枠組みをつかみ、その後に「IISIAデイリー・レポート」「日刊・原田武夫」で日々、ブラッシュ・アップしていくことを通じて、自然とお客様の頭の中に予測分析シナリオが常に最新の形で浮かび上がってくるようにつくられています。

予測分析シナリオにはこれまで起きてきた過去の出来事の中でも、今とこれからを考える際に思い出すべき「歴史法則」を記してあります。これをまずは熟読し、その構造を頭に刷り込むことが出来れば動く現実の中で出会う突然の出来事を前にしても、そこから未来が一体どの方向へと向かっていくことになるのかがイメージできるようになるのです。
こうした頭脳の働きをアブダクション(abduction)と言います。
予測分析シナリオは御客様が自分自身でアブダクションを行い、未来を的確につかみとって
いくようになるための「教科書」
なのです。

IISIAマンスリー・レポート

 
 

毎月1回発行しており、それぞれのタイミングで「是非、お客様に知って頂きたい」とIISIAが考えているテーマについて掘り下げた論文を掲載しています。
日々の動きにどうしても目を奪われがちな中、少しだけ高い視線から「これから起こり得ることとその構造」を考えるために最適なものです。

そうした論文以外に巻末には直近の予測分析シナリオをアップデートするものとして「予測分析シナリオ・アップデート」が、またこれに加えてお勧めの図書を御紹介する「原田武夫の読書散歩」コラムも掲載しています。

毎月お買い忘れることなく、また大変御得な割引料金にてご利用することが可能な定期購読コース

もあります。

「無料会員登録」して頂くと御一人様1回限り各論文のforecastを除く最初の2頁まで無料でダウンロードすることが可能です。(「予測分析シナリオ・アップデート」及び最新号は除く。御一人様1回の登録に限らせて頂きます。)

 
 

「基本は予測分析シナリオで十分分かった。しかし知りたいのは動く現実の今とこれからだ」
―――そうお考えであるお客様のために平日毎日発行(スタンダード版の場合)しているのがIISIAデイリー・レポートです。


国際ニュースを3本、そして国内ニュース1本をそれぞれ選定し、直近の予測分析シナリオをベースに分析して行きます(スタンダード版の場合)。そうすることであらかじめ「こうなる可能性がある」とご自身が考えたことが本当に現実となったのかどうか、あるいは現実にならなかったのならばなぜそうなったのか等を考えていく材料をご提供します。

このIISIAデイリー・レポートでもう一つ特徴的なのは、それぞれのニュースの分析をする中で「過去に起きた関連した出来事の中で何を思い出せば良いのか」について、端的にポイントをお示しすることです。過去に起きた出来事を想い出し、そこにある「歴史法則」を知ることによってだけ、動く現実と触れる中で未来についてイメージすることが出来るからです。
こうした頭脳の働きはアブダクション(abduction)と言います。IISIAデイリー・レポートは御客様が自分自身でこのアブダクションをし、未来をイメージ出来るようになるためのものなのです。

末尾には編集人であるIISIA代表・原田武夫自身が記す「編集後記」を掲載しています。
とりわけマーケットの今とこれからについて、そのポイントは何かをそこで端的に御示ししています。多くの読者の皆様から「これを読めばもう新聞を読む必要がない」との絶賛の声を頂いている人気の教材です。お気軽にお試し出来る「ライト版(週3回配信。国際ニュース及び国内ニュースの1本ずつ合計2本について分析を提示)」もあります。

毎月お買い忘れることなく、また大変御得な割引料金にてご利用することが可能な 定期購読コース

もあります。

海外出張特別報告

 
 

グローバル・マクロ(国際的な資金循環)とそれを取り巻く国内外情勢を分析する時に不可欠なのが、世界の要人たちとのネットワークであり、またその発言を現場で直接聞くことです。そのためにIISIA代表・原田武夫は頻繁に海外に出張し、グローバル社会に流れる文脈(narrative)をリアルタイムでとらえてきています。その結果をスピーディかつコンパクトに示したのがこの海外出張特別報告です。

国際会議の現場でどの様なやりとりがなされているのか、またその舞台裏でどういった 発言が繰り広げられているのかを、外交官であったキャリアを十二分に生かしながらレポートします。

個人のお客様だけではなく、グローバル・ビジネスに関心を持ち、実際に展開されている企業のお客様にも是非御活用頂きたい教材です。

  • 無料会員登録をするとお得な特典があります マイページログイン
  • IISIA公式メールマガジン
    あなたへのおすすめはこちら