現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

音声レポート「週刊・原田武夫」 2018年7月13日号(領収書なし)
商品コード:
wdl_20180713

音声レポート「週刊・原田武夫」 2018年7月13日号(領収書なし)

販売価格(税込):
10,500
関連カテゴリ:
ダウンロード商品(音声レポート)「週刊・原田武夫」
「まだまだ続く2018年サマー・ラリー:リアルタイムで考える
 ―――何が本当は起きるのか?」

◎今だからこそ知るべき基本的な「構造」:
―あらためて「ルシャトリエの原理」を思い起こす
 強烈な“下げ”に全体として突入し続ける我が国
 あらゆる側面でなぜ“嵌って”しまっているのか
―米欧勢の統治エリートたちの目線
 我が国はどの様な「状態」であるのが最も望ましいと考えられているのか
 「日本勢無きニッポン」?
―我が国上場企業の「実態」
 そこから何故に「日本バブル第2弾」なのか
 財務省がこのタイミングで密に浸透し始めている驚愕の「計画」
 完膚なきまで我が国が暴落する理由
―「その次」に向けての戦略を考える
 “生き残り”のために必要な原理・原則、そして戦術
 何をすれば良いのか?
◎国際情勢から見るマーケット
―米国勢/中国勢/中南米勢
―欧州勢
―中東勢における地政学リスク
◎日本マーケットの“今”と“これから”
―続く「2018年サマー・ラリー」の行方を先取りする
―“その次”に待ち構えているものは何なのか?
―この瞬間に私たちは何をしておけば良いのか?何を知るべきなのか?

次回(7月17日(火))は音声レポート「日刊・原田武夫」を11:30頃に配信する予定です。
※7月16日(月・祝)の音声レポート「日刊・原田武夫」配信はございません
__________________________________

モバイル端末でご利用の場合(iOS端末、Android 2.3、iOS 7以前のバージョン・Windows Phoneなど)、正常にダウンロードできない可能性がございます。

その場合は、PC端末でお客様マイページへアクセスの上、ご利用くださいませ。

またご利用の不具合等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お客様のご利用の端末の特性に由来する再生不良等におきましては、
ご返金及び他調査分析レポートへの振り替え等は致しかねます。
予めご了承くださいませ。
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

関連する新商品

263件の商品がございます。

音声レポート「週刊・原田武夫」 2018年12月14日号(領収書なし)

販売価格(税込): 10,500
「『二番底』とその先が見え始める展開:そして日銀だけが取り残された
 ―――何が起きるのか?」

◎今だからこそ知るべき基本的な「構造」:
―日米マーケット“振り返り”
―データ分析から考えるマーケット
―今最も必要なことは何か?
 リスナー各位のこれまでの「遍歴」を振り返る
 何が“決め手”であったのか

音声レポート「週刊・原田武夫」 2018年12月7日号(領収書なし)

販売価格(税込): 10,500
「今週末(8・9日)がさらに山場となり“二番底”に向かうという分析
 ―――なぜなのか?その向こう側で何をすべきか??」

◎今だからこそ知るべき基本的な「構造」:
―これから起きる「本当のこと」
 太陽活動の激変に端を発する変動が新世界秩序を創り出す
 「金融・経済」はやがて何に“飛び火”するのか

音声レポート「週刊・原田武夫」 2018年11月30日号(領収書なし)

販売価格(税込): 10,500
「いよいよ残り25日であるという分析:連続上昇の裏側に潜む罠
 ―――何をすれば良いのか?」

◎今だからこそ知るべき基本的な「構造」:
―秋篠宮殿下が記者団に対して述べられたお言葉
 「忖度」することの意味
 今、我が国の「国体」勢力は本当のところどうなっているのか
 なぜ「公費負担」はよろしくないとお考えになられているのか

音声レポート「週刊・原田武夫」 2018年11月16日号(領収書なし)

販売価格(税込): 10,500
「次の“潮目”は11月21日であるという分析
 ―――何が起きるのか?その向こう側で待ち受けている世界とは?」

◎今だからこそ知るべき基本的な「構造」:
―このタイミングで襲い掛かってきたロシア勢
 それが象徴している「日本包囲網」という現実
―なぜ我が国がこのタイミングで狙われているのか?
 カギを握る「国体」の本質とは何か

音声レポート「週刊・原田武夫」 2018年11月9日号(領収書なし)

販売価格(税込): 10,500
「続・『本当のこと』を今だからこそ語る
 ―――しばしの株価上昇の後の“二番底”、そして日本バブル第2弾最終章の向こう側」

◎今だからこそ知るべき基本的な「構造」:
―日米マーケット“振り返り”
 続伸し始める日米勢の「株価」と崩落する「原油価格」
 「二番底」のタイミングとその向こう側

音声レポート「週刊・原田武夫」 2018年11月2日号(領収書なし)

販売価格(税込): 10,500
「ここから3週間“窓が開く”という分析
 ―――そして何が起きるのか?本当の未来を知る」

◎今だからこそ知るべき基本的な「構造」:
―今、マーケットとそれを取り巻く国内外情勢で起きている「本当のこと」
 カギを握るのは「新世界秩序の構築」
―既存のリーダーシップは全て淘汰される
 「新世界秩序のリーダーシップ」の条件
 どの様にして選定されているのか

音声レポート「週刊・原田武夫」 2018年10月26日号(領収書なし)

販売価格(税込): 10,500
「それでも始まる“フェイクな上昇”の向こう側にあるもの
 ―――『二番底』を巡る議論に終止符は打てるのか?」

◎今だからこそ知るべき基本的な「構造」:
―日米マーケット“振り返り”
―なぜ「二番底」から始まるパックス・ジャポニカなのか
 カギを握るのは量子生物学である
 「渡り」を行う動物から考える
―我が国の圧倒的な優位性を担保している本当の仕組み

音声レポート「週刊・原田武夫」 2018年10月19日号(領収書なし)

販売価格(税込): 10,500
「そして訪れる『二番底』:まだ何も終わっていない!
 ―――何時なのか?何が起きるのか??」

◎今だからこそ知るべき基本的な「構造」:
―日米マーケット“振り返り”
―去る10日前後から始まった「瓦落」の端緒
 しかしこれが「全て」ではない
―最新の定量分析で考える
 何時が「二番底」なのか?
 その時に何が起きるのか?
―「潜象」を「現象」にする、とは何か

音声レポート「週刊・原田武夫」 2018年10月12日号(領収書なし)

販売価格(税込): 10,500
「いよいよ“瓦落”が始まる:主戦場は日本であるという分析
 ―――週明け《10月15日週》を如何にして走り切るか?」

◎今だからこそ知るべき基本的な「構造」:
―やはり生じた「暴落」
 しかし「これで終わり」ではないという認識が重要
―思い起こすべき大原則は何か
 「フラクタル・冪(べき)」の意味をあらためて知る
―これまでの「バブル」と「瓦落」のパターンを振り返る

音声レポート「週刊・原田武夫」 2018年10月5日号(領収書なし)

販売価格(税込): 10,500
「“2018年10月15日ブラック・マンデー”説をリアル・タイムで考える
 ―――何が起きるのか??」

◎今だからこそ知るべき基本的な「構造」:
―「2018年10月15日ブラック・マンデー」説とは何か
 なぜそう考えることができるのか? 
 定量分析と定性分析
―その時、何が起きるのか?
 考えられる要因は何か
 その一つ一つについてリアル・タイムで検証する

音声レポート「週刊・原田武夫」 2018年9月28日号(領収書なし)

販売価格(税込): 10,500
「“瓦落”の呼び声が聞こえる:『残り2週間余』という分析
 ―――ここだけで語る本当の未来」

◎今だからこそ知るべき基本的な「構造」:
―基本原則としての「フラクタル・冪」とは何か
 なぜ重要なのか
―何がこれまで起きてきたのか
 個人的な体験から直接的に振り返る
 そこから導き出される「事実の法則」とは

音声レポート「週刊・原田武夫」 2018年9月21日号(領収書なし)

販売価格(税込): 10,500
「“2018年10月瓦落”という分析:その前に歴史的な上げ局面となって行く
 ―――何をすべきなのか?」

◎今だからこそ知るべき基本的な「構造」:
―現状に対する評価
 「ヨハンセンと地方」という戦略
―今こそ「ルシャトリエの原理」を思い起こすべき
 「夜明けの直前が一番暗い」という事実
―「向こう側」は既に見えているのか
 何がそこで起きていくのか

音声レポート「週刊・原田武夫」 2018年9月14日号(領収書なし)

販売価格(税込): 10,500
「いよいよ動き出すマーケットと世界:歴史的な展開
 ―――その時、何をすべきか?」

◎今だからこそ知るべき基本的な「構造」:
―今起きている「本当のこと」
 突如としてマーケットが動き出している
 揺れる人心、さらには・・・?
―根本をあらためて押さえる
 基本となる3つの大原則
 それぞれその後、何が生じ、どこへ向かっているのか

音声レポート「週刊・原田武夫」 2018年9月7日号(領収書なし)

販売価格(税込): 10,500
「“運命の一週間”はどうなったのか?:ここで『騎士団』が登場する
 ―――その時、大地震の現場で起こっていた本当のこと」

◎今だからこそ知るべき基本的な「構造」:
―「平成30年北海道胆振東部地震」の現場に直面して
 何を現場で見たのか
 そこで起きていた「本当のこと」
―決して偶発的ではないという認識

音声レポート「週刊・原田武夫」 2018年8月31日号(領収書なし)

販売価格(税込): 10,500
「混濁の中から一気に次の展開へ
 ―――2018年9月を見通す:前半の駆け上がりに注目」

◎今だからこそ知るべき基本的な「構造」:
―物事を俯瞰する必要性がある
 どこまでスケール・アップして行くべきなのか
 重要なのは「フラクタル(冪)」である
 アルゼンチン勢とトルコ勢
等々