株式会社原田武夫国際戦略情報研究所

いよいよ、あの季節がやってきた!2022年夏・IISIAセミナー

  • NEW
  • 期間限定

商品コード:SE_SC_part1_3_20220724_book_04

2022年夏・IISIAセミナー(1部+3部+予測分析シナリオ「COMPASSION」 ・製本版)先行予約販売

販売価格:389,950円(税込)

数量:

お一人様:1個まで

ある時は分析家として。
またある時はグローバル・プレイヤーとして。
そしてまたある時はヴェンチャー・キャピタリストとして。
弊研究所代表・原田武夫は激しく動き続けるグローバル社会の最前線で日々活動を続けてきております。

そうした原田武夫がギリギリのところまで皆様にお話致します!
今、何が本当は起きているのか?
これから何が起きるのか?
我が国は一体どうなるのか?
「ここだけ」でじっくりとお話させて頂くとともに、そうした取り組みへ皆様お一人お一人が参画出来る場を再び設けさせて頂きます。

【2022年夏・IISIAセミナー(第1部)とは?】
◎弊研究所代表・原田武夫は2017年夏に英国勢と米国勢から初の英語単著
である“Pax Japonica. The Resurrection of Japan(パックス・ジャポニカ。
日本の復活)”をリリース。国内外より大きな反響を呼んでいます。
その原田武夫が今、“パックス・ジャポニカ”の実現のため、一体何を具体的に動かしているのかについて直接、皆様に対して解説させて頂くセミナー(有料)です。

【2022年夏・中期予測分析シナリオ解説セミナー(第3部)とは?】
◎弊研究所の調査分析レポートの中でも「イロハのイ」である予測分析シナリオ。
 その最新版である「2022年夏・・中期予測分析シナリオ」(2022年7月24日上梓)について解説すると共に、更には今後の更なる見通しについて、執筆者である弊研究所代表・原田武夫が直接、皆様に対して解説させて頂くセミナー(有料)です。

【中期予測分析シナリオとは?】
◎弊研究所のオリジナル調査分析レポートです。
 これからの半年間とその向こう側を独自の視点で透徹します。
◎マーケットとそれを取り巻く国内外情勢全部について分析してあります。
 しかも我が国に暮らす私たち日本勢が「どうすべきか」が基本的視座です。
◎書かれている項目には「パラメーター番号」を付しています。
 別売の「IISIAデイリー・レポート」はこの番号で各記事が連動しています。
◎単なる思い込みの「予測」を書いたものではありません。
 日々、国際情報をチェックする際に使うと自分だけの羅針盤が出来ます。

【イヴェント概要】
・イヴェント・タイトル:「2022年夏・IISIAセミナー(第1部)+(第3部)」
・講師:弊研究所代表取締役CEO 原田武夫
・日時:2022年7月24日(日)
(第1部) 11:00~12:00(60分)
(第3部) 15:00~16:00(60分)
・場所:東京・東銀座「時事通信ホール」  (詳しくはこちらを御覧ください)
・入場料:389,950円【7月13日正午まで特価(7%OFF)でのご提供】
・定員:200名
・御留意頂きたい事項:
―このセミナーは会員制サーヴィス「原田武夫ゲマインシャフト」会員の皆様だけがお申込みすることが出来ます

※―本セミナーに参加するための条件である同会員制サーヴィスについてはこちらを御覧ください

( ※ジェイド会員様は本セット商品へはお申込み頂けません)。
 ただし御申込頂いた後、事前に告知することなく、諸般の事情により入場を御断りさせて頂くことがございます。あらかじめ御留意下さいませ。
―本講演会のお申込み締切日は7月20日(水)正午となっております。
 ※お申込み締切以降のキャンセルによるご返金つきましては、 受け付けられません事御了承下さい。またご返金につきまして、振込手数料が必要な場合、 原則お客様のご負担とさせていただきます。
―当日1週間前を目途に、入場券(メール)をお送り致しますことご承知おきくださいませ。

**************************************************
【禁止事項】
※弊社製品の再譲渡・転売を禁止しております。ご注文をいただいた時点で、注文商品の再譲渡禁止・転売禁止の特約に合意したものとみなされます。
 再譲渡・転売が発覚した場合は、弊社から損害賠償請求をする場合がありますことを予めご理解いただき、再譲渡・転売を行わないようご注意ください。
※本セミナーについて、スマホ・携帯などの電子機器を用いての撮影・録画はご遠慮ください

【免責事項】
※この調査分析レポートは、特定の金融商品の売買を推奨するものではありません。
 金融商品の売買は購読者ご自身の責任に基づいて慎重に行ってください。
 弊研究所は購読者が行った金融商品の売買についていかなる責任も負うものではありません。
***************************************************