#
 
 
2018年04月25日

「2018年夏・中期予測分析シナリオ」の先行予約を開始!

(2018年4月21日に東京・丸の内で開催された「11周年記念講演会」第1部の収録動画)

2018年7月7日。弊研究所は皆様のために全く新しい「未来図」を御提示致します。

前回(2018年1月上梓「Novum scire」)は500冊以上の冊数を売上げ、皆様から絶大なる支持を頂いております「予測分析シナリオ」の最新版です。

弊研究所による調査分析の”基本中の基本”というべきこの「2018年夏・中期予測分析シナリオ」の先行予約を開始致しました。こちら(クリックするとPDF版の販売サイトにジャンプします)から早速お申込み下さいませ。

【気になるその内容は・・・(※状況に応じて今後変更があり得ます)】

―円高基調における我が国固有のバブル展開である「日本バブル第2弾」。これからどうなっていくのか?

―インフレが全世界で本格化する中、大変気になるのが我が国のデフォルト。「国家が破産する」などということが本当にあるのか?

―揺れ動く世界情勢の中でもとりわけ気になる米国勢の動き。言を二転三転させつつも驀進するトランプ米大統領の「次の一手」は何なのか?

―一気に騒然となり続けている北朝鮮勢を中心とした東アジア勢。中国勢、韓国勢も巻き込みながら「新世界秩序」はどうなっていくのか?

―金や原油といった「商品(コモディティー)」が勝ち組なのか?はたまた「ビットコイン」に代表される仮想通貨こそ頼りにすべきなのか?仮想通貨の「サマー・ラリー」は本当に生じるのか?

―そして急発進する「日本株ラリー」という現実。日本株マーケットは一体どこへ向かっていくのか?

―そうした中でやおら動き始めた我が国の皇室。一体どこへ向かおうというのか?我が国はどこへ誘われるのか?

―運命の「2020年」に本当に東京オリンピックは行われるのか?気になるエネルギー政策、特に「福島第一原発」はどうなるのか?

・・・などなど、盛りだくさんの内容で今回もお届けいたします!

 

【予測分析シナリオとは?】

◎弊研究所のオリジナルな調査分析レポートです。これからの半年間とその向こう側を独自の視点で透徹します。

◎マーケットとそれを取り巻く国内外情勢全部について分析してあります。しかも我が国に暮らす私たち日本勢が「どうすべきか」が基本的視座です。

◎書かれている項目には「パラメーター番号」を付しています。別売の「IISIAデイリー・レポート」はこの番号で各記事が連動しています。

◎単なる思い込みの「予測」を書いたものではありません。日々、国際情報をチェックする際に使うと自分だけの羅針盤が出来ます。

 

【「2018年夏・中期予測分析シナリオ」のお申込みは・・・】

◎PDF版はこちら(クリックすると販売サイトにジャンプします)からお申込み下さい

◎郵送版(製本版)はこらら(クリックすると販売サイトにジャンプします)からお申込み下さい

(※なお先行予約発売に際しては、お申込みの時期に応じて価格が大きく異なります。あらかじめ御留意下さいませ)

 

「世界が変わり、我が国が動く今、だから」・・・一人でも多くの皆様がこの確かな羅針盤「2018年夏・中期予測分析シナリオ」を御手にされることを願ってやみません。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

(了)

  • 無料会員登録をするとお得な特典があります マイページログイン IISIA公式メールマガジン
  • あなたへのおすすめはこちら