IISIA QUADRI FOGLIO Giving the People Hope and Future 株式会社原田武夫国際戦略情報研究所

IISIA海外特別レポート AFF2014報告

「今年もまた“あの会議”がやって来た!
アジア金融フォーラム(AFF)2014で何が話されたのか?」

過去2年間連続で出席してきたIISIA代表・原田武夫。
7回目を迎えた「アジア金融フォーラム(AFF)」では一体何を見聞きし、考えたのか?
現場で「定点観測」をしているIISIAだからこそ判る分析が盛り沢山です!

「アジア金融フォーラム(AFF)」とは?

香港特別行政区政府、香港貿易発展局が主催するアジア最大規模の国際金融会議です。 香港特別行政区の創設10周年を記念して2007年に第1回目が開催されました。
経済界、金融界、そして政界で影響力を持つグローバル・リーダーたちが一堂に会し、東アジアのマーケット、世界のマーケットについて議論する場です。

第7回目の今年1月のフォーラムには、ティモシー・ガイトナー前米財務長官、梁振英・中華人民共和国香港特別行政区行政長官、アレクセイ・モイセーエフ露財務次官、ダイセルブルーム蘭財務大臣、サエブ=アイグナー・ドバイ金融サーヴィス機構会長、中尾武彦・アジア開発銀行総裁、久保田勇夫・西日本シティ銀行頭取、アルダーマン=フィオナ=ウルフ・ロンドン=シティ市長、カルロ=マッツィ・プラダ副会長などが集い、白熱した議論を行いました。

今年(2014年)1月13日・14日、香港で第7回「アジア金融フォーラム(AFF)」が開催されました。
中国本土に返還されて以来、変化の著しい香港。
「人民元マーケット」として上海と激しく争う香港が威信をかけて開催しているこのフォーラムにIISIA代表・原田武夫が招かれ出席いたしました。

ハイ・レヴェルの出席者たちから出てくる本音の数々。

「人民元は? 香港の将来は?」
「量的緩和(QE)を縮小し始める米国の今後は?」
「ユーロ圏はいよいよデフレに突入するのか?」
「東南アジア企業に日本はどうやって食い込むのか?」

アジア、そして世界の“今”と“これから”が語られました。

「日本バブル」第2弾が始まろうとしている今年。
日本とアジア、そして世界で何が起きるのか?
華僑・華人ネットワークが語る未来図に目を向けておくことが役に立つはずです。

IISIA代表・原田武夫による全編書き下ろしの
海外出張特別報告、堂々リリースです!

IISIA海外特別レポート「アジア金融フォーラム(AFF)2014報告」

IISIA海外特別レポート「アジア金融フォーラム(AFF)2014報告」

予約開始日:2014年1月21日(火)
発売日:2014年1月23日(木)
仕様:A4判 レポート 24ページ
別途添付資料あり
※添付資料は、PDFファイルでお送りします。

PDF版(ダウンロード)¥53,000(税込)
製本版(郵送)¥55,000(税込)

「お客様マイページ」から購入する

※「お客様マイページ」から購入するには、「お客様マイページ」へのログインが必要です。

内容紹介

はじめに

第1日目(2014年1月13日)

  オープニング・セッション
  全体会合
  政策対話
  基調講演・昼食会
  パネル・ディスカッション「経済成長への回帰?」
  パネル・ディスカッション「中国勢の機会」
  パネル・ディスカッション「アジア企業の大志」

第2日目(2014年1月14日)

  朝食会「新しいパラダイムにおいて香港勢が持つ競争上の優位性」
  ワークショップ「イスラム金融」
  出席要人との個別面談
  基調講演・昼食会

IISIA海外特別レポート「アジア金融フォーラム(AFF)2014報告」サンプル
IISIA海外特別レポートのサンプルを読む

これからの日本のマーケットそしてアジアへの事業展開、進出の指標となる
ご参考データとして、この海外特別レポートをぜひご利用ください!

サンプル版は後日掲載いたします。お待ちください!

「お客様マイページ」から購入する

※「お客様マイページ」から購入するには、「お客様マイページ」へのログインが必要です。