IISIA QUADRI FOGLIO Giving the People Hope and Future 株式会社原田武夫国際戦略情報研究所

IISIA海外特別レポート GES2012報告

世界のリーダーは今、何を語っているのか?

この混迷の今、世界のリーダー達が集う世界的会議で
「経済」「社会」「政治」「環境」について
何が語られ、どのような解決法を導き出そうとしているのか!?

GES 2012 Essential Information 2012年10月16日~17日、ブラジル・リオデジャネイロにて
官民合同の世界的な会議
「Global Economic Symposium(GES)2012」
(グローバル・エコノミック・シンポジウム2012)
が開催されました。
ナレッジ・パートナーであるIISIA代表・原田武夫は
今年も本会議に参加。どこよりも速く独自の視点で、
その報告レポートをお届けします!

「簡単に全体の内容を掴みたい」とのご要望にお応えし
【テキスト】だけでなく、【音声】でもご報告!

臨場感たっぷりに、気軽に全体の内容を掴みたい方には
今回特別にご用意する、【音声】版の報告レポートをお勧めします。
2日間にわたる会議の内容を、“60分”に凝縮、全体を網羅してお話します。
※最速=10月24日(水)17時頃に発送いたします。

会議の詳細な資料と共に、じっくりテキストで読みたい方には
【テキスト】版の報告レポートをお勧めします。
※10月24日(水)より予約開始、11月5日(月)に発送予定です。

我が国でこの会議の内容を知ることが出来るのは、ここだけです。

もちろん、【音声】【テキスト】の両方をご活用いただくことで
より本会議の内容と今後の動向への理解が深まり、お勧めです!

音声版・予告編(無料)

テキスト版・サンプル(無料)

サンプルを読む

今すぐ購入する(音声版/テキスト版)

この報告レポートは、下記のような立場の方にオススメです

・金融メルトダウンの“次”が知りたい人
・世界のトップ・リーダーたちの頭の中を知ることで、次の一手を打ちたい人
・中央銀行、インフレ目標、量的緩和など、金融マーケットの次の展開が知りたい人
・世界の潮流を知り、自らも持ち場でリーダーでありたいと考えている人

「グローバル・エコノミック・シンポジウム(GES)」とは?

“第2のダボス会議”を標榜し2008年から毎年開催。
各国首脳や若いリーダー、企業トップなどが集う、官民合同の世界的な会議です。
ドイツの6大経済研究所の1つであるキール世界経済研究所が主催しています。
IISIAは、GESの公式ナレッジ・パートナーを務めています。

2012年も、世界各国からトップ・リーダーたちが集結!

今年も政治家、学者、世界企業トップなど錚々たるメンバーが集まりました。

・ヴィム・コック元オランダ首相(マドリッド・クラブ議長)
・ラテルメ元ベルギー首相(OECD事務次長)
・シュミート・バナージ氏(ブーズ・アンド・カンパニー シニア・パートナー)
・イザベラ・テイシェイラ氏(ブラジル環境大臣)

……これらはほんの一部の方々です。
会場の様子

2012年、会議でのテーマ(世界の課題)を一部ご紹介します

GESでは、テーマについて議論を繰り広げるだけでなく、その解決法を提示します。

【世界経済について】
中央銀行の未来(インフレターゲットVS財政の安定)/教育における効果的投資/ 金融教育と金融リテラシーの促進/ソーシャル・メディアによる情報の最適化……など

【環境について】
再生可能エネルギーの再評価/北極海のエネルギー資源/食の安全……など

【社会問題への取り組みについて】
若年層の失業問題/シニア層の就労機会の拡大/ダイバーシティ……など

IISIA海外特別レポート
「グローバル・エコノミック・シンポジウム(GES)2012報告」
~世界のリーダーは今、何を語っているのか?~

我が国そして世界が直面している深刻な問題の数々。
上記テーマについて会議で話された内容、さらにIISIA代表・原田武夫
独自の視点による分析をも入手できる報告書は、この特別レポートだけです。

ぜひ、今後のマーケットや国内外情勢を見通す材料としてご活用ください!

今回は特別に、銀行振込の方に特典割引!

クレジットカードでの決済が増加している昨今ですが、
弊研究所には「銀行振込」を選ばれるお客様が多くいらっしゃいます。
いつも窓口まで足を運んでくださる皆様へ、日頃の感謝の気持ちとして、
今回のレポートは、銀行振込の方には“5,000円割引”でご提供いたします!

レポート詳細情報

音声版テキスト版
発売日 2012年10月24日(水)2012年11月5日(月)
形式・仕様 MP3版/CD版
収録時間:約60分(予定)
PDF版/製本版
A4版
※資料(PDF)添付

今すぐ購入する