IISIA QUADRI FOGLIO Giving the People Hope and Future 株式会社原田武夫国際戦略情報研究所

IISIAマンスリー・レポート2014年3月号

仕掛けられた「2014年9月の危機」の真相

「微熱」の様な日本マーケットの展開が続く中、水平線の向こう側には新たな光が見えて来ています。それはやがて大きな輝きとなり、我が国を、そして国際社会全体を明るく照らし出すことになるはずです。しかしその向こう側においては再び「危機」が、しかも今度は“未曽有”の危機が醸成され始めているのです。そしてその「危機」が到来するのは「今年(2014年)9月」である。―――これが皆様に今回お届けする「IISIAマンスリー・レポート」最新号(2014年3月号)のテーマです。

第1章 『「2014年9月ゴールド危機」という知られざる構図』

第1章正にこの「2014年9月」に向けて金(ゴールド)マーケットで巨大な構造が創り出されていることを炙り出します。金融資本主義の帰趨を考えるにあたり、最も重要な要素の一つが金(ゴールド)であり、その動向を弊研究所はリアル・タイムでフォローしてきました。しかしそうした目先の動きを超えて、今創り上げられつつある構造の主人公は「スイス勢」と「国際決済銀行(BIS)」、そして「中国勢」と「中東大戦争」です。輝く金(ゴールド)に今年(2014年)秋、一体何が起きるのかを他の誰よりも先駆けて描き出します。

第2章 『「超細菌」の世界』

第2章ここに来て俄かにその脅威が“喧伝”されるようになっている「超細菌(superbug)」に関するものです。抗生物質(抗生剤)が大量に用いられている現代社会において、それといたちごっこをするかのように増え続けているのが如何なる抗生剤も撃退することの出来ない「超細菌」です。しかもこの「超細菌」は現代の豊かな生活を支える基本的な構造の中で次々に創り出されてしまっています。「超細菌」誕生の“温床”は一体何であり、今後いかなる事態が私たち人類を待ちかまえているのか。―――誰しもが知りたい「本当の論点」に切り込みます。

第3章 『「スコットランド独立」の衝撃』

第3章スコットランド勢の独立”によって英国勢がいよいよ二分割されてしまうという異常事態の理由とその巨大なインパクトを描き出します。「英国勢」というと分かりませんが、United Kingdomと英語で書くことにより、実は“連合”王国であることが分かる英国勢。その英国勢はスコットランド勢の独立により明らかに現在の地位を失うはずです。そうであるにもかかわらず、なぜこのような激しい動きが他ならぬ「今」始まっているのか。とりわけ金融拠点であるロンドン・シティ(City of London)はどうなってしまうのか。知られざるそのあり得べき「帰結」を先取りして考えます。

今月(3月)から4月へと突き抜ける中、明らかに日本マーケットにおける急上昇が予期される“今”だからこそ押さえておきたい「2014年9月危機」の真相。「未だ誰も知らないこの危機を今月号の『IISIAマンスリー・レポート』を片手にあらかじめ思い描き、あらかじめ備えることで確かな未来をつかみ取って頂きたい」そう心から祈念する次第です。

IISIA CEO 原田武夫
(「IISIAマンスリー・レポート」2014年3月号・巻頭言より)

2014年3月号のサンプルを読む

今すぐ購入する

IISIAマンスリー・レポート 2014年3月号

第1章 新・世界秩序を探る(その14)
「2014年9月ゴールド危機」という知られざる構図

~金(ゴールド)マーケットで蠢くスイス勢、英国勢、そしてBIS~

第2章 新たなる脅威への警告(その1)
「超細菌」の世界

~その脅威を“喧伝”し始めた米英勢の真意を探る ~

第3章 新・世界秩序を探る(その15)
「スコットランド独立」の衝撃

~国土分裂を許す英国勢、そしてロンドン・シティの戦略を探る~

第4章 予測分析シナリオ・アップデート

2014年3月3日発売! 最新の情報をお届けいたします。

サンプルを読む

今すぐ購入する