IISIA QUADRI FOGLIO Giving the People Hope and Future 株式会社原田武夫国際戦略情報研究所

IISIAマンスリー・レポート2013年6月号

201X年、日中開戦!?

誰が仕込み、得をするのか??

「『アベノミクス』でデフレ脱却にようやく着手し、株高を誘導した安倍晋三総理大臣は世紀の大宰相だ」

そんな呼び声が聞こえ始めた矢先に先月(5月)23日、日本マーケットにおける「暴落」が発生しました。

「どうやら物事は世上言われているような単純な形で推移するわけではないようだ」
そんな冷静な認識が今、我が国を覆い始めています。

いわゆる「復元力の原則」、あるいは「ルシャトリエの原理」に則れば“こうなること”は最初から分かっていたのです。
事実上の口先介入によって円安を誘導し、外需関連株主導で「株高」局面を“演出”。
それによって「景気回復」と大合唱し、「失われた20年」によって冷え切った私たち=日本勢の心理を温める。
その発想自体は全くもって正しいのですが、これが参議院選挙という“政治的モメンタム”によって押し進められてしまったことに悲劇がありました。
「急激な上げは、急激な下げを伴うもの」正に教科書通りの展開となったわけです。

「それではこれから一体何が起きるのか」
――そうお悩みの読者の皆様に対して確かな羅針盤をお送りするのが「IISIAマンスリー・レポート」最新号(2013年6月号)です。

第1章『太平洋(Pacific Ocean)の「軍事化」を進める米国勢』

第1章 最初に掲げた論考『太平洋(Pacific Ocean)の「軍事化」を進める米国勢』は米国勢が推進している、いわゆる「空・海戦闘」構想について取り上げました。
その名を聞いても今一つ何がしたいのか分からない構想は、事実上の米中勢による“合作”の可能性が高いものであり、結局、翻弄される我が国が地政学リスクの“炸裂”に追い込まれる中、道化師役を務めさせられる可能性が出て来ています。

あり得べき「日中開戦」に向けた米国勢の企てを探ります。

第2章『知られざる「北朝鮮による外交」の世界』

第2章  二番目の論考『知られざる「北朝鮮による外交」の世界』では北朝鮮勢による外交姿勢の根本とは何かを探ります。
いわゆる「瀬戸際外交」はもはや滑稽な展開すら見せ始めていますが、なぜ北朝鮮勢が「何者をも決して信じない」という外交姿勢を形成するに至ったのか。
その淵源を、旧東側諸国が残した外交文書を丹念に読み解く中で探ります。
その中では我が国の「岸信介政権」が北朝鮮勢との関係拡大を事実上模索していたことも明らかにされます。

第3章『機械化された昆虫たちが人間を襲う日』

第3章  最後の論文『機械化された昆虫たちが人間を襲う日』は“動物”“昆虫”をキーワードに米欧勢を中心に進められている兵器開発の現状を描き出すものです。
ナノ・テクノロジーが発達している今、「戦争」はもはやヒトの世界にとどまることなく、“動物”“昆虫”の兵器としての利用にまで広がりを見せ始めています。
普段何気なく見る“昆虫”がヒトを襲い始める日。
――戦慄の現実がそこにはあります。

「日本バブル」の第1弾の前半が“5・23ショック”によって終わり、
その後半がいよいよ始まる今だからこそ。
「日本と世界の真実」を知りたい全ての読者の皆様方に
自信をもってお送りする「IISIAマンスリー・レポート」最新号。
どうぞご堪能下さい!

IISIA CEO 原田武夫
(「IISIAマンスリー・レポート」2013年6月号・巻頭言より)


2013年6月号のサンプルを読む

今すぐ購入する

IISIAマンスリー・レポート 2013年6月号

第1章 米国の世界戦略とマーケット(その10)
太平洋(Pacific Ocean)の「軍事化」を進める米国勢

~「空・海戦闘(Air Sea Battle)」構想と我が国の将来~

第2章 東アジア・マーケットのこれからを探る(その6)
知られざる「北朝鮮による外交」の世界

~「キューバ危機」が与えたインパクトと対日関係~

第3章 世界最先端の技術を探る(その4)
機械化された昆虫たちが人間を襲う日

~知られざる研究の最前線と近未来に向けた警告~

第4章 今月における予測分析シナリオ・アップデート

2013年6月3日発売! 最新の情報をお届けいたします。

今すぐ購入する