IISIA QUADRI FOGLIO Giving the People Hope and Future 株式会社原田武夫国際戦略情報研究所

いよいよ今年も「あの季節」がやって来た! 「2013年度夏・中期予測分析シナリオ」発表!!

読み解き講座・収録音声の受付は終了いたしました

たくさんのお申込みをいただき、ありがとうございました。今後とも弊研究所をどうぞよろしくお願いいたします。

いよいよ今年も「あの季節」がやって来た!
「2013年度夏・中期予測分析シナリオ」発表!!

2013年7月20日リリース! 気になるタイトルは……
「Octoberショック――そして最後に残るのはやはり日本」

1年に2回=1月と7月にご提示、「日本と世界のこれから」を指し示す羅針盤として
沢山の方にご利用いただいているのがIISIAの「中期予測分析シナリオ」です。

そして2013年7月20日。
またいよいよあの「中期予測分析シナリオ」が帰ってきます!

題して「Octoberショック」。

「日本バブル」の到来を的確に提示した
中期予測分析シナリオ「Nichi-Rin」(2012年7月発売)。
そして通称「アベノミクス」の向こう側で
「日本バブル」が更に進むことを同じく的確に提示した
中期予測分析シナリオ「Endkrieg(最終戦争)」(2013年1月発売)。

「今度は一体、いかなる近未来をIISIAが提示するのか」
今、個人のお客様だけではなく、我が国を代表する企業の皆様からも
熱い期待と強い関心が寄せられています。

政府による「アベノミクス」。
日銀による「異次元緩和」。
名称は様々であるものの、その根底にあるものは一つ。
それが「日本バブル」です。

「円安だから株高になっている」
誰しもがそう思っている今だからこそ、近未来に向け、
驚きのあり得べき展開可能性を今回もまたお示しいたします。

今、IISIAがすべての日本人による生き残りのために発表する渾身の力作。

これからの半年間とそれを超えた近未来に何が起きるのかを知りたい
すべてのお客様必読の教材です!
(※7月20日以降に発売する、IISIAのすべての教材のベースです)

「Octoberショック――そして最後に残るのはやはり日本」

そう次に焦点となってくるのはOctober=10月の前後なのです。

一体その時、何が起きるのか?
「日本バブル」の灯はそこではかなくも消えてしまうのか?
むしろますます燃え盛り「他に投資先がない」中、世界中が我が国へと
マネーを移し始めるという意味での「日本バブル」が本格始動するのか??
そして何よりも……
我が国の“デフォルト(国家債務不履行)”問題はどうなるのか?

「予測分析シナリオ」とは

「予測分析シナリオ」購入ページへ

2013年度夏・中期予測分析シナリオ
「Octoberショック――そして最後に残るのはやはり日本」

発表日:
2013年7月20日(土)
PDF版(ダウンロード版):
15,000円(税込)
製本版(郵送版):
17,000円(税込)
全35ページ